三国検索 三国志データベース
データ利用可
三国志 王朝 後漢
人物を探す
 人名検索
 出身地検索
 生没年検索
 グループ検索
 同姓同名検索
行政を探す
 王朝一覧
 皇帝一覧
 中央行政
 中央官職
データについて
 更新履歴
 参考文献
 検索のコツ
 外字について

三国志王朝データベース
三国志は、後漢末期の混乱から始まり、魏 呉 蜀の三国鼎立時代を迎え、晋による中国全土統一までの歴史です。 王朝一覧
後漢

025年〜220年 後漢( ごかん )皇帝12代
人気ランキング 4位

152点

←←←←←← 時代

政治腐敗による権威失墜が長い乱世を創出
戦国時代に終止符を打ち中国全土を統一した秦もわずか30年足らずで滅び、200年余り続いた漢の時代となったが、外戚王莽によって簒奪され、新が建国された。その新も30年で滅び、劉秀が漢を再興した。この王朝は後漢と呼ばれ、約200年続く。対して新より前を前漢と呼ぶ。後漢の宮廷は外戚と宦官による政権争いが続き、末期には売官が盛んに行われ、士大夫は禁固され、極度な政治腐敗によって民衆は苦しんだ。民衆の苦しみは黄巾党の乱へと繋り、それが一時的に平定されたものの混乱は治まらず、次第に中央の指揮統制が地方に及ばなくなり、各地に群雄たちが割拠する様相となった。そうしたなかで力をつけた曹氏・孫氏・劉氏の三勢力による鼎立状態ができあがると、曹氏は後漢から禅譲を受け、魏を建国し、後漢は滅んだ。その後、劉氏が漢を再興したが、後世、蜀漢あるいは蜀と呼ばれ、正統な王朝として認められなかった。秦漢帝国と呼ばれる長い安定期が終わると、隋唐帝国と呼ばれる次の安定期まで、約400年もの間、乱世を創出する。三国志は長い乱世の序章となる。

 フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』で「後漢」を調べる


皇帝一覧


三国志連環当ページは 三国志連環 に参加しております。
[ 次頁 ][ 次弐頁 ][ 無作為移動 ]
[ 前頁 ][ 前弐頁 ][ 全一覧表示 ]