三国検索 三国志データベース
データ利用可
涼州
人物を探す
 人名検索
 出身地検索
 生没年検索
 グループ検索
 同姓同名検索
行政を探す
 王朝一覧
 皇帝一覧
 中央行政
 中央官職
データについて
 更新履歴
 参考文献
 検索のコツ
 外字について

三国志地図 −地理入門編−
涼州   りょうしゅう
三国志地図トップページ 
涼州は、北西に邪を向けたような地勢をみせ、北は匈奴、南は西羌と隔たり、西は西域へ通じるシルクロードが伸びている。古来より大陸東西の交易路として、その歴史を刻んできた。

後漢の献帝の時代、涼州では郡を挙げての反乱が相次いだ。その地一帯の往来はままならなくなり、都との交信も途絶えてしまった。すでに中原一帯を安定に導いた曹操は、混乱した涼州の安定化に乗り出した。そこには、図版拡大の影に隠れた「隴を得て蜀を望む」戦略が見え隠れしている。

涼州の郡県史
周では元々この地を雍州としていたが、周が衰えると異民族狄の地となった。中国全土を統一した秦は、元々北方民族の匈奴の地であった美陽に甘泉宮を興した。甘泉を失った匈奴は、休屠王と渾邪王らに狄の地を占拠させた。後に、二王はその地をあげて漢に降り、漢は張掖郡、酒泉郡、敦煌郡、武威郡の四郡を置いた。その後金城郡を置き、あわせて五郡を河西五郡と呼んだ。漢は、この河西五郡と旧来の雍州を合わせ、その全域を涼州とした。

後漢の都長安から西端の敦煌までの領有政策は、その時々の事情により、涼州と雍州とに区別したり統合したりを繰り返してきた。


涼州の出身人物
現在すべての人物の出身地データが揃っていないため、0件の場合があります。
また、同じ都市でありながら改称前と改称後の両方をリストしている場合があります。
今後、郡国データを整理し、詳細ページを作成する予定です。

郡国名かな人物検索
隴西郡ろうぜいぐん<検索>
漢陽郡かんようぐん<検索>
武都郡ぶとぐん<検索>
金城郡きんじょうぐん<検索>
安定郡あんていぐん<検索>
北地郡ほくちぐん<検索>
武威郡ぶいぐん<検索>
張掖郡ちょうえきぐん<検索>
酒泉郡しゅせんぐん<検索>
敦煌郡とんこうぐん<検索>
張掖郡属国ちょうえきぐんぞっこく<検索>
張掖郡居延属国ちょうえきぐん
きょえんぞっこく
<検索>
天水郡てんすいぐん<検索>
南安郡なんあんぐん<検索>
新平郡しんぺいぐん<検索>
広魏郡こうぎぐん<検索>
武功郡ぶこうぐん<検索>
西平郡せいへいぐん<検索>




三国志連環当ページは 三国志連環 に参加しております。
[ 次頁 ][ 次弐頁 ][ 無作為移動 ]
[ 前頁 ][ 前弐頁 ][ 全一覧表示 ]