三国検索 三国志データベース
データ利用可
人物を探す
 人名検索
 出身地検索
 生没年検索
 グループ検索
 同姓同名検索
行政を探す
 王朝一覧
 皇帝一覧
 中央行政
 中央官職
データについて
 更新履歴
 参考文献
 検索のコツ
 外字について

三国志地図
三国志地図
−三国志の地図を創りたい−

地図は図面であり、ある一定時期の地理を記録したものです。100年あまり続く三国志の時代は、時期の推移につれて随分とその地図は変わります。

三国志を研究する専門家の間で活用されている『二十五史補編』に収録された呉増僅・楊守敬著「三国郡縣表附考証」では、例えば魏であれば、曹操・曹丕・曹叡・曹芳・曹髦・曹奐の6つの時期に分けて変遷を述べていますので、動的な状況をみることができるでしょう。

三国検索では、「三国郡縣表附考証」で表された6つの時期をさらに細分化した年単位によって、地図を表したいと考えています。実際の図面作成には技術的な問題(CGIで画像を作成・編集)があり困難ですが、その図面を作成する母体としての地理データは作成可能であろうと考えています。

三国志地理データベース
正史「後漢書」「晋書」には地理志(志)がありますが、「三国志」にはありません。そこで三国志の地理志を作ろうと思ったのですが、作ってもあまり意味はなさそうです。

そこで、「後漢書郡国志」「晋書地理志」の郡県と、「後漢書」「三国志」「晋書」の紀伝等に出ててくる郡県にまつわる記述から、郡県の変遷を時間軸の要素を取り入れてデータ化することのほうが有益と考え、現在データの仕組みとそれら史書からの郡県データの洗い出しを行っております。

この試みによって創出されるものは、「三国志地理データベース」です。これができあがると、地名の検索、検索した県が属する郡の他の県、郡や県の時間的推移、その郡に属する県を検索する、などといった多角的な二次検索が可能となります。また、従来の「登場人物データベース」の出身地と連動させ、よりダイナミックな検索も可能となります。

「三国志地理データベース」は「登場人物データベース」と同等のレベルの基礎データベースとなります。これに「行動データベース」「事象データベース」「政権データベース」といった副次的なデータベースを組み合わせて連動させることで、三国志を立体的に調べることが可能となります。(例えば、好みの年表を自動生成する機能など)

「三国志地理データベース」は現在作成中で、まだ公開しておりませんが、低レベルの状態から徐々に公開していく予定です。「こんな検索がしたい、あんな検索がしたい」といったご意見ご要望がありましたら、掲示板のほうで書き込みをお願いいたします。

2004/12/14(火) 「三国志サプリメント」で都市テーブルを公開しました。





三国志連環当ページは 三国志連環 に参加しております。
[ 次頁 ][ 次弐頁 ][ 無作為移動 ]
[ 前頁 ][ 前弐頁 ][ 全一覧表示 ]